城慶子正明詳細画像

 江戸後期の名工、城慶子正明の短刀をご紹介します。惚れ惚れするような良い拵が付属しています。
 城慶子正明は、細川正義の弟子で本名を竹村恒次郎といい、江戸深川に住みました。美作国の津山藩工となっています。これは、師匠である細川正義が就いていた津山藩工の地位を受け継いだものでしょう。細川正義は水心子正秀の高弟ですから、正明は新々刀の祖とも言うべき水心子正秀の孫弟子ということになります。名人の系譜を引く一人で、上作刀工です。
 この短刀は、元治元年(1864年)に作られました。地金は精妙に詰んでおり、物打ちには僅かに、刃に金筋が絡む様子が見られます。刃は匂いの深い中直刃であり、はばき元の焼きを幅広く始める点が特徴的です。
 添えられた拵も、その時に誂えられたものと思われます。鞘は赤茶色の梨地塗で、鯉口近くは細い刻みを入れて黒漆を掛けています。鞘には金泥で「五瓜に違い鷹の羽」紋と「丸に蔦」紋が描かれます。柄の出し目貫も五瓜に違い鷹の羽です。さらに、小柄には金と赤銅で2つの、そして笄には一つの丸に蔦紋を据えてあります。柄の縁頭金具、そして鯉口、瓦鉄とこじりの金具は一作で、すべてに丁寧な毛彫りが施されています。今の世の中でここまで統一されて丁寧な仕事をしてある金具を揃えることは、非常に難しいことでしょう。当時の職人の腕の冴えを感じさせる金具です。小柄や笄のような、取り外されてしまいがちな小道具もそのまま残っているのも、この拵えの魅力です。
 新々刀上作の一振りを、上々の出来の拵えと共に、皆様のお手元にどうぞ。














嬉しいことに、殆ど研ぎ減りはありません。