追加画像(細川義規)

 幕末の細川一門、義規の短刀をご紹介します。同じ時期に作られたと思われる、揃いの金具でできた拵が付属しています。
 細川義規は水心子一門中、大慶直胤と並ぶ名工、細川正義の甥にあたる刀工です。細川氏は代々、甲冑師であったようですが、良助正義の時代、下野国(現在の栃木県)壬生から鹿沼に移り、さらには江戸に出て水心子正秀の弟子となって作刀技術を極めます。後に郷里に戻り、宇都宮藩の抱え工となりました。初代の長男の主税佐(ちからのすけ)も水心子正秀に学び、これは美作の津山藩工となり、二代正義を襲いました。同じく二男の民之助正平(たみのすけまさひら)は、主税佐正義が津山藩工となったために、兄の代わりに鹿沼の細川本家を継ぎ、父と共に宇都宮藩工となっています。剛之助義規(ごうのすけよしのり)は、その民之助正平の子であり、やはり宇都宮藩工を務めた良工です。国学にも傾
倒したようで、作品には時になかごに漢詩を彫った物も見られます。新々刀では中上作に上げられる刀工です。同じ中上作の刀工達には、御勝山永貞、山浦兼虎、舞鶴友英等がいますから、その良さがお分かりになるでしょう。

 今回ご紹介する短刀は、その義規が鍛えた一振りです。宇陽藩というのは宇都宮藩のことと思われます。今での宇都宮には、たとえば陽東、陽南、陽西、陽北の各中学校があることから、これが宇都宮の古い別称であったと考えられます。肌は板目肌を中心に杢目が混ざっており、そこに直ぐ調子の刃を焼いていることから、恐らく古名刀を模して作られたものと推察します。直刃と練れた肌がよく絡んでいるところも、本刀の見どころでしょう。鍛えの中に小さな割れや炭籠りも少し見られますが、それも、古作を模したこの短刀の作風のなせる業でしょう。実際、他の義規の作品の肌は、よく詰んだ物が多く、本刀は少し異風に思えます。古風な作を、という注文があったのかもしれません。短刀の作られた元治元年は3月に、隣の常陸国水戸藩で尊王攘夷派による蜂起、いわゆる天狗党の乱が起こっています。一党の領袖、藤田小四郎に率いられた一隊は、4月には日光東照宮に向かいましたから、宇都宮藩はその騒動の渦中にあったことになります。そうした中で、国学に傾倒した細川義規が打ったこの古風な短刀には、一体どんな思いが込められていたのでしょう。
 白鞘は今回新調しましたが、付属する拵は恐らく当時の物です。縁頭とこじりは鉄の一作で竹を編んだような模様に作られています。鍔も鉄製で雲が渦巻く図です。黒の石目塗鞘と合わせて、とても落ち着いた様子の拵です。
 幕末の拵を添えた細川義規の短刀を是非お手元にどうぞ。




























元に戻る