追加詳細画像(国包)


 仙台藩伊達家の抱え工国包の寸延び短刀をご紹介します。江戸時代後期の作品ですが、同時代に誂えられたと思われる、非常に程度の良い拵が付属しています。刀身、拵とも日本美術刀剣保存協会の鑑定書が付いています。
 国包の初代(本郷源蔵、後に吉之允)は、独眼竜伊達政宗に仕えました。大和国の保昌派の末裔と言われ、戦国時代の終わり、文禄元年に仙台に生まれています。江戸時代に入り、主君政宗の命に従って京に上り、当時の刀剣界の最高峰、堀川一門である越中守正俊に入門しています。在京中には大坂夏の陣が起こり、豊臣家が滅びますが、娘の五郎八姫を徳川家康の六男、松平忠輝に嫁がせた伊達政宗は徳川方として出陣します。その陣中に国包を呼び寄せ、刀を鍛えさせていました。それほど、政宗が国包を重んじていた証拠です。京での修行中、扶持を与えていたとの説もあるほどです。その鍛えは、保昌派祖伝の柾目鍛えに直ぐ刃調子の刃を焼きます。重要文化財に指定された作品もある名工中の名工です。その子孫は明治時代まで仙台藩刀工の棟梁として続き、代々国包を名乗りました。皆、初代の伝法を継ぎ、柾鍛えの刀を鍛え続けています。新刀、新々刀で柾目肌に直ぐ調子の刃が冴える作品を見れば、まずはこの仙台国包の流れを思い浮かべるほど、その名は高く知られています。
 今回ご紹介する寸延び短刀は、その後代、新々刀期の国包と鑑定されています。国包の銘は各代の特徴が余りありませんのでよくは分かりませんが、この一振りと一緒に作られたと思われる拵の保存状態などを考えると、十代の源之助(水心子正秀の門人)、十二代の源兵衛(大慶直胤門人)、十三代の英助辺りの作品かと思われます。十三代英助国包は、水戸の徳川斉昭からの求めで刀も鍛えており、水府徳勝らが徳川斉昭の指示で柾目鍛えへと変えていったこととの繋がりも、どこかで窺わせます。彼らは、自分自身の特徴を持った国包銘と、名人であった初代山城大掾や二代山城守に似た国包銘との両様の銘を持っており、今回の一振りには、二代目風の銘が切られているため、その代別の判断が難しいものです。ただ、まさに国包という作品です。鍛えは柾目で、はばき元では柾鍛えが刃側に曲がります。これが本当の柾目肌の鍛えの掟です。刃は直調子が僅かに湾れて、鍛え肌と良く絡みます。どなたがご覧になっても「国包」と分かる、お手本のような寸延び短刀です。
 付属する拵には、古い特別貴重小道具の鑑定が付けられています。丁寧に石目塗を施した鞘の尻には、黒く塗った金属製と思われるこじりを付けてありました。縁頭は赤銅地に魚子を打ち、秋草を描いています。大振りの出し目貫は赤銅地に桐紋を描きますが、殆ど傷もないようです。鍔は朧銀(四分一)、小柄は富士山と龍という目出度い図を描いたもので、この拵に初めから添えられていたものでしょう。全体的に傷みも殆どなく、美しい状態に保たれています。この国包は、いったい、どんな武士の腰にたばされていたものでしょうか。かなりの大身の武士ではないかと想像します。
 江戸時代後期の仙台国包と時代拵えを一緒に、是非、お手元にどうぞ。