追加詳細画像(広信)


 江戸時代前期の山城の脇指をご紹介します。作者は廣信です。鑑定が付いていませんでしたので、当店で日本刀剣保存会にお願いし、正真の鑑定をもらいました。
 この脇指を鍛えた広信は、日本刀剣保存会によれば貞享頃の人です。銘鑑を探して見ますと、初代の広信は寛永頃の人であり、藤原を名乗っています。二代大和守も同様で伊藤権左衛門尉とも銘を切っていますので、伊藤姓であることも分かります。ただ、三代河内守はなぜか源姓を名乗っています。四代はまた藤原を称しますから、三代広信は別家から来たのかもしれないと想像します。ご紹介する広信は「山城国住藤原広信」と銘を切っていますから、活躍した時期を考えると四代広信に当たるのかと思われます。
 この脇指ですが、鍛え肌は柾目主体です。小板目肌が主流のこの時期にしては珍しい鍛えではないかと思います。そこに、慶長新刀期のような、焼き幅をやや狭くした、互の目乱れ刃を品よく焼いています。やや湾れた柾目の肌と焼き刃が絡み、古刀を思わせる働きを見せています。帽子が乱れ込んでいるのも新刀期の通常の帽子とは違います。そう考えると、日本刀剣保存会は貞享頃と極めましたが、もう少し古い時期の広信かもしれないとも思います。
金の薄板を着せた銅はばきを付けた正真在銘の中脇指です。お楽しみになれる一振りだと思いますが、無鑑定で入手できたため、お手頃な価格で提供できました。ぜひ、お手元にどうぞ。















前のページに戻る