追加画像(越前関)

 日本美術刀剣保存協会から「越前関」との鑑定を受けた一振りをご紹介します。
 越前関は、戦国大名の朝倉氏の本拠であった越前が、織田政権では柴田勝家の支配地となり、さらに江戸時代初めには二代将軍徳川秀忠の兄である結城秀康が封じられた、その頃に美濃から移ってきた刀工集団と考えられます。関系統である証拠に、時々、焼き刃に尖り刃が混じります。兼植(かねたね)、兼則、兼法などの刀工がよく知られます。ちなみにこの時期、越前には京都の堀川国広系統となる山城守国清や、近江下坂から移った下坂鍛冶の頭領であり、越前藩だけでなく江戸の徳川本家の抱え工ともなった越前康継などの名工もおり、刀剣の一大産地となっていたと思われます。
 この刀は、その越前関の一振りであると鑑定されました。よく詰んで流れ加減となった肌には、尖り刃交じりの冴えた小互の目刃が焼いてあります。もともとは居合いや抜刀をしている方が実際に使っておいででした。実際に使っていましたので、斬った後の刀身の傷をざっと落とさせています。柄(長さ260ミリ)には、タコ糸のようなしっかりとした柄糸が巻かれ、目貫には三本のナスが据えられています。しっかりとしたグリップができる柄のようです。23寸ほどの刃長、6分強の反り、鞘を払って1キロ少々の重さと、武道で使うのにはちょうど良いものではないかと思います。
 実際に使っていたお客様から直に入手しましたので、魅力的な価格でお届けできています。是非皆様のお手元にどうぞ。























元に戻る