追加画像(一文字兼守)


 江戸時代後期、泉州堺の刀工、一文字兼守の脇指をご紹介します。
 一文字兼守とは、なかなかに興味深い刀工名です。ご存じのように一文字といえば備前を代表する名刀工、「兼」の字を刀工名に戴くのは美濃刀工の特徴です。その両方の名前をまとめて刀工の名前とするのは通常はないことでしょう。ただ、この兼守は、文久年間に泉州は堺で刀を鍛えた刀工とのことです。しかも、もともとは刃物鍛冶出身であるとのこと。つまり、この兼守には、備前、美濃のこだわりなく、よい刀を鍛えるために、一文字の名前と兼の字を躊躇せず組み合わせたと見えます。堺という商業都市と地理的な中間性がそのような名前を許したのかもしれません。
 刀身は、新々刀には珍しい板目の勝った肌をしています。鎬地も同様で、よく詰んで柾がかっている事が多い新々刀時代に珍しく、大肌風の鍛えを見せています。刃紋は、腰の開いた互の目丁字と、大振りな丁字とを交えた物で、板目肌には乱れた刃紋という古刀以来の原則に合っています。研ぎが、古くからの技法である差し込み研ぎのようで、刃が若干撮影しにくいのですが、光にかざすと美しい刃紋が見えます。
 反りのある、刀らしい姿の江戸時代後期の一振りです。皆様のお手元にどうぞ。








元に戻る