追加画像(相模守源来義道)

 委託された大脇指です。二代近江守久道の門人の相模守義道です。鳩目を付けた白鞘に入り、保存刀剣の鑑定書がついています。
 肌は板目鍛えですが、流れて柾目がかり、さらに杢目肌が交じります。刃は、互の目丁字乱れで、いくつか玉のような飛び焼きが入り、小足が良く入って、柾方向の鍛えた肌と刃が良く絡んでいます。
 表側の鎬地、切っ先近くに柾方向の鍛え跡が残っていますが、総じてよい状態であり、保存刀剣の鑑定書もついてこの価格は魅力的です。
 是非、皆様のお手元にどうぞ。

















元に戻る