追加画像(新々刀寿命)

 時代のありそうな拵に入った無銘新々刀をご紹介します。日本美術刀剣保存協会が、寿命の保存鑑定書を付けています。
 寿命は「としなが」と読みますが、通常は「じゅみょう」と音読みすることが多い刀工です。見ての通り、命長らえるという意味にもなりますので、江戸時代にはその名が珍重されました。贈り物にも使われたといいます。元々は室町時代の美濃刀工ですが、江戸時代に入り、江戸などで活躍し、明治時代にまで続きます。今回ご紹介する寸延び短刀は、その寿命の作品と鑑定されました。
 寿命の特徴は刃中によく交じる尖り刃です。この一振りも、刃のそこかしこに尖った刃が交じっています。刃縁はよく締まり、細かな美しい焼き刃を見せています。また、肌も特徴的です。一見、古刀にも見紛うほどの、いわゆる肌物の地鉄をしています。表側は小杢目肌が交じり、裏側はよく流れて柾目風となります。江戸時代も後期となると、復古刀が志向されたこともあって、古刀風の肌を模索する動きがありましたが、この寸延びも、その線を狙ったものかと思われます。地鉄、刃ともに健全でお楽しみになれる一振りです。
 拵は、出し鮫皮巻の柄に黒漆塗の鞘を使った合口拵です。柄の目釘穴をあけ直しているように見えますので、合わせ直しているのかもしれませんが、刀身の長さ、反りとも合っており、よい状態に保たれています。出し目貫は赤銅地位に金色絵を施した鳳凰の図で、小柄櫃にも初めは同じ図の小柄が入れてあったものと推測されます。この小柄櫃には今、同じく赤銅地に流紋を施し、白鷺が遊ぶ小柄を入れてありました。鳥の図で通したものと思われます。小柄櫃が遊んでいる刀剣は数多くありますから、小柄と穂があるのは幸運でしょう。バランスも悪くないと思います。
 なかなか綺麗な拵ですし、見ても映えるものですから、居合などの前指にも使えるかと思います。是非、皆様のお手元にどうぞ。






素晴らしい刃の働きと美しい鍛えの肌が見えます。上2枚が表、下2枚が裏の画像です。












元に戻る