追加画像(寿命)

 無銘寿命の寸伸び短刀をご紹介します。白鞘に入り、時代のある合口拵が付属しています。日本美術刀剣保存刀剣が発行した保存刀剣鑑定が添えられています。
 寿命は一般に「じゅみょう」と呼び習わしますが、本当は「としなが」と読みます。「歳」が「長く」続くのですから非常にめでたい名前です。もちろん「寿命」も長く続くとしてめでたい名前でしょう。寿命自身は、古刀期の美濃から新々刀期まで続く名工の系譜であり、その名前も相俟って贈答品としても良く用いられたと言います。この一振りをお持ちになる方にも、めでたいことがありましょう。
 この寸伸びは、板目肌と杢目肌が混じる古刀に良く見られる肌です。刃は互の目乱れの沸出来の刃紋で、刃紋の谷には柔らかく足が入っています。末古刀らしい寸伸び短刀といえましょうか。拵は、頭金具、合口、瓦鉄、こじりとも鉄製で、鞘は艶を消した石目塗りです。小柄櫃には、五頭の馬が走る銅製の小柄と小刀が入れてあります。傷みも少ないので実際に抜刀や居合、流鏑馬の際の差し添えにも良いかと思います。
古い白鞘に入り、時代のある拵のついた一振りです。是非、皆様のお手元にどうぞ。




















元に戻る