追加画像(丹後守寿命)

 江戸時代のごく初期に鍛えられた寿命の脇指をお届けします。この寿命は丹後守を受領しています。
 美濃の代表的な刀鍛冶である寿命は、通常「じゅみょう」と呼び慣わしますが、本来は「としなが」と呼びます。寿命が長いという意味に取れますので、江戸時代などには贈答品として珍重されたといいます。実際の寿命は大和系の鍛冶が美濃に移り住んだもののようで、記録では鎌倉期にまで遡れるようです。ただし、実際に私達が目にするのは、室町時代の後半、末古刀期以降の寿命です。江戸時代の最後まで、複数の流れがその名前を伝えました。古刀期の天正頃には、美濃国清水に住んだ寿命が、時の領主であり、西美濃三人衆の一人として知られ、頑固者であったために「頑固一徹」の語源になったとも言われる稲葉一鉄に抱えられています。
 丹後守寿命は、江戸時代の初め頃に活躍した刀工です。その名は近藤助左衛門といって、得能一男氏はこれを新刀寿命の初代としています。初めは父祖伝来の土地であった美濃清水に住み、その後、慶長年間に尾張の清洲城下に移り、さらには名古屋城下へと移動しました。この名古屋への引っ越しは寛永5年の事と言いますから西暦では1628年になります。三代将軍徳川家光の将軍職就任がその5年前の1623年ですから、丹後守の活躍した時代の感じをお察しいただけるでしょう。
 この脇指は、その頃の物としては良く詰んだ肌が特徴的です。また、焼き刃は、先に向かって少し焼きの幅を広げた沸出来の直ぐ刃です。今から400年ほど前から残っていることを考えれば非常に貴重なものと考えられます。
 刀身を納める拵は、柄の頭に漆で四ツ目結紋が描かれていますから、佐々木源氏系の持ち主が手にしていたのでしょう。縁金具は美濃でしょうか。鍔は、金覆輪の赤銅魚子地。目貫は金と銀の色絵を付けた銅地の牛です。
 出来が良く、拵も美しい寿命を是非お手元にどうぞ。





















元に戻る