追加画像(兼光刀)

 
戦前に関で作られた刀を打ち刀拵えに収めてお届けします。作者は兼光です。戦前の美濃関には何人か兼光を名乗る刀工がおりました。その刀身は互の目乱れ刃を焼きますが、足が良く入り、よく出来た刃だと思います。切先が延び加減なのもその特徴でしょうか。
 皆様のお手元に是非どうぞ。























元に戻る