詳細画像(無銘刀)

 打刀拵に収めた刀を御紹介します。刃長は2尺2寸程ですから、昭和時代の軍刀を仕立て直したものかもしれません。(とはいえ、反りが深いこともあり、別のものかもしれません。)
 この刀は、よく詰んで流れ加減の肌に直ぐ調子の刃を焼きます。実戦に備えたものか、物打ち処では焼き幅を広げ、延び加減の帽子につながっています。現代物ですが、よく出来た一振りだと思います。
 柄の縁頭は銀製でしょうか、流れの中には沢瀉が、岸辺の岩には鳥が止まっている図柄を描いています。目貫は玉を追う龍、鍔は菊花が透かされています。
 綺麗な刀を拵入りで、という方に良いのではないでしょうか。






















戻る