刀剣展示室(刀、脇指など)

1.相模守源来義道
Sagami no Kami Minamoto Rai YOSHIMICHI, YAMASHIRO (Also AKI) Province, EDO Period, HOZON TOKEN of NBTHK
山城国(時に安芸広島)江戸時代前期 保存刀剣
刃長1尺9寸6分(Length 59.4cm) 反り6分弱(Curvature 1.7cm) 目釘穴(Hole in NAKAGO)1
本造 庵棟 うぶなかご
板目肌詰み 流れて柾がかり大杢目肌交じり 飛び焼き交じり 地景入って 映り立つ
小沸出来 互の目丁字乱れ刃、飛び焼き交じり 小足・葉良く入り、肌が刃に良く絡む
帽子 喰違い風となり 尋常に返る

なかご尻 刃上がり栗尻 ヤスリ 大筋違い
銀一重はばき腰祐乗やすり
白鞘入り In SHIRASAYA
13万8千円(138,000 Japanese Yen) 委託品(Consigned)

元幅/先幅(Width) 28.7/31.7mm 元重ね/先重ね(Thickness)7.0/5.36mm
なかご長(NAKAGO Length) 147mm
追加画像(相模守源来義道)


2.国包
KUNIKANE, MUTSU Province SENDAI City, Late EDO Periods, HOZON TOKEN, KICHO TOKEN and TOKUBETSU KICHO KODOGU of NBTHK

陸奥国(仙台)江戸時代後期 保存刀剣、貴重刀剣、特別貴重小道具
刃長1尺1分(Length30.6cm)  反り1分弱(Curvature0.2cm) 目釘穴(Hole in NAKAGO)1
平造 庵棟 うぶなかご
柾目肌詰み 地景僅かに入って 淡い映り立つ
中直刃僅かに湾れ 砂流し、打ちのけ、二重刃かかり 匂い口柔らかく沸える
帽子 気持ち尖り加減に浅く返る
なかご 刃上がり栗尻 ヤスリ 勝手下がり
銀着せ銅一重はばき 黒角使用白鞘入 In SHIRASAYA with KOSHIRAE
黒石地塗鞘小さ刀拵付
(縁頭 赤銅魚子地秋草図
 目貫 赤銅磨地金象嵌(桐紋)定規
 鍔 隴銀磨き地
 小柄 素銅 倶利伽羅図
70万円700,000 Japanese Yen(委託品/Consigned

国包詳細画像


3.無銘(越前関)
Mumei attributed to ECHIZEN SEKI, ECHIZAN Province, Early EDO Period, HOZONTOKEN of NBTHK
江戸時代初期 越前国 保存刀剣
刃長1尺4寸7分強(Length44.7cm)反り4分(Curvature1.2cm)目釘穴(Hole in NAKAGO)1
本造 庵棟 うぶなかご
板目肌 流れて杢交じり 地景入って 映り立つ

小沸出来 互の目乱れ刃 足柔かく入り 砂流し掛かって 鍛えが刃に絡む
帽子 やや乱れ込み火焔気味となり 尋常に返る
なかご尻 刃上がり栗尻 ヤスリ目 大筋違
銀一重はばき(拵え用は銀着せ銅一重はばき)

白鞘入 黒呂塗鞘時代拵付き In SHIRASAYA with KOSHIRAE

17万円170,000 Japanese Yen

元幅/先幅(Width)22.6/20.0mm 元重ね/先重ね(Thickness)6.5/4.8mm

なかご長(NAKAGO Length)123mm
越前関詳細画像


4.石州住清繁 宗義造 天保十二丑二二月日
Sekishu ju KIYOSHIGE/MUNEYOSHI Tsukuru, Tenpo 12 Ushi 22 Gatsuhi (1841 April) HOZON TOKEN of NBTHKm IWAMI & TANBA Province)

江戸時代後期 石見国・丹波国 保存刀剣
刃長1尺3寸(Length39.3cm) 反り2分半(Curvature0.8cm) 目釘穴(Hole in NAKAGO)
平造 庵棟 うぶなかご

板目肌
流れて柾目肌となるため 柾割れ僅かに入り 所により杢交じって 地景入る
匂い出来 互の目乱れ刃 尖り刃交じり 小足よく入る はばき元の4寸程は直刃を焼く

帽子 小丸く 返り尋常
表 棒樋 裏 護摩箸樋

なかご尻 刃上がり栗尻 ヤスリ目 切
銀着せ銅一重はばき 白鞘入 黒石目塗変わり鞘拵付き In SHIRASAYA with KOSHIRAE
21万円(210,000 Japanese Yen)


元幅(Width)31.07mm 元重ね(Thickness)7.6mm

清繁・宗義詳細画像


5.無銘(伝若州冬廣)
MUMEI attributed to DEN JAKUSHU FUYUHIRO, WAKASA Province, MUROMACHI Period, TOKEN HOZON KAI Kantei
若狭国 室町時代 日本刀剣保存会鑑定
刃長1尺2寸9分(Length39.0cm) 反り5分弱(Curvature1.4cm) 目釘穴(Hole in NAKAGO)1

平造 庵棟 うぶなかご
板目肌詰み 流れて 杢交じり 地景よく入って 淡い映り立つ
沸出来 大湾れ刃 足入り 二重刃、砂流しかかり 打ちのけ交じる
帽子 湾れ込み 地蔵風となって 尋常に返る
なかご尻 刃上がり栗尻 ヤスリ目 切
表裏に棒樋く
銀二重はばき
石目塗鞘 脇指拵(縁頭、鍔:石黒義春)入り In KOSHIRAE
19万円 (190,000 Japanese Yen)


元幅(Width)28.6mm 元重(Thickness)7.9mm
なかご長(NAKAGO Length)125mm
冬広詳細画像


6.無銘(末関)
MUMEI attributed to SUE SEKI, MINO Province, Second Half of MUROMACHI Period, HOZONTOKEN of NBTHK
美濃国 室町時代後期 保存刀剣
刃長2尺2寸9分(Length 69.3cm) 反り6分(Curvature 1.8cm) 目釘穴(Holes in NAKAGO) 2
鵜ノ首造 庵棟 うぶなかご
板目肌詰み 流れてわずかに杢目肌交じり 地景入る
小沸交じり出来 互の目乱れ刃 尖り刃交じり ところどころ肌が刃に絡む
帽子 表は乱れ混んで二重刃かかり 掃き掛けとなって 浅く返る
なかご尻 剣形 ヤスリ目 切り わずかに勝手下がりとなる
薙刀樋に添樋残る
銀一重はばき(新調) 白鞘入り
黒石目塗り鞘打刀拵付き(縁頭:赤銅魚子地に頭金具には梅、縁金具には松図(松竹梅の留守模様、目貫:赤銅地金銀銅色絵(宇治川先陣争いの図か)、鍔:丸鍔(鍾馗に鬼図))
In SHIRASAYA with KOSHIRAE
33万円330,000 Japanese Yen

元幅/先幅(Width) 30.5/20.5mm 元重ね/先重ねThickness 7.0/5.5mm
なかご長(NAKAGO Length) 202mm
末関詳細画像



7.無銘(越前関)
MUMEI attributed to ECHIZEN SEKI, ECHIZEN Province, End of MUROMACHI to early EDO Period, HOZON TOKEN of NBTHK
越前国 室町時代末期から江戸時代初期 保存刀剣
長2尺2寸9分半(Length 69.7cm) 反り6分半(Curvature 1.92cm) 目釘穴(Hole in NAKAGO)1
本造 真の棟(三ツ棟)うぶなかご

小板目肌
流れて柾がかり わずかに地景入る(裏鎬地切っ先より2寸と8寸辺に柾割れあり)
小沸出来 互の目乱れ刃 尖り刃交じり 足よく入る
帽子 小丸く 返り尋常
なかご尻 刃上がり栗尻 ヤスリ目 大筋違
赤銅着せ銅一重はばき
黒呂塗鞘打ち刀拵入り In KOSHIRAE
32万円(320,000 Japanese Yen)


元幅/先幅(Width)30.5/22.5mm 元重ね/先重ね(Thickness)7.2/5.5mm
なかご長さ(NAKAGO Length)182mm

刀身重量(Blade Weight) 780g 柄・鍔を付けて(With TSUKA & TSUBA) 1,050g
越前関詳細画像


8.
無銘(小反り)
MUMEI Attributed to KOZORI, NAMBOKUCHO Period, BIZEN Province, HOZON TOKEN of NBTHK
刃長1尺9寸8分(Length 60.0cm) 反り2分(Curvature 0.6cm) 目釘穴(Hole in NAKAGO)
備前国 南北朝時代 保存刀剣
本造 庵棟 大磨上げなかご
小板目肌よく詰み流れ 柔らかく地沸つき 地景入って 乱れ映り立つ
小沸出来 小互の目乱れ刃 小足、葉よく入り 飛び焼き、打ちのけかかり 刃縁よく冴える
帽子 乱れ込んで返り浅い
なかご尻 浅い栗尻 ヤスリ目 勝手下がりか
銅一重はばき 白鞘入り
黒蝋塗鞘打刀拵付き In SHIRASAYA with KOSHIRAE
お引渡しいたしました。ありがとうございます。Sold out.Thank you very much.

元幅/先幅(Width)32.0/22.4mm 元重ね/先重ね(Thickness)5.6/4.5mm
なかご長
(NAKAGO Length)159mm
小反り詳細画像


刀剣、日本刀のネット販売 FUJI刀剣トップページ