刀剣展示室(特別展示 大小)


賀州住藤原家平(大小)
Gashu Ju Fujiwara IEHIRA, KAGA Province, EDO Period, TOKUBETSU HOZON
TOKEN & KICHO KODOGU of NBTHK

加賀國 江戸時代中期 特別保存刀剣(大小ともに) 貴重小道具鑑定(大小鍔)
(大)刃長2尺4寸8分半(Length75.2cm)反り9分(Curvature2.7cm)目釘穴(Hole in NAKAGO)1
本造 庵棟 うぶなかご
小板目肌 非常に錬れてよく詰み 地沸微塵に一面に付き 淡い映り立つ
小沸出来 大湾れ刃 僅かに尖り心あり ゆったりと足入り はばき元から3寸より7寸辺までは互の目乱れ刃飛び焼き風の刃を交え 濤乱刃となり 表裏焼き刃を揃え 明るく冴える
帽子 焼き稍広めに弛み心あって小丸 返り尋常
なかご 刃上がり栗尻 ヤスリ目 大筋違
金着銅一重加州はばき 白鞘入
青貝散塗鞘大小拵付 In SHIRASAYA with KOSHIRAE
(小)刃長1尺9寸7分半(Length59.8cm)反り7分弱(Curvature2.0cm)目釘穴(Holes in NAKAGO)2
本造 庵棟 うぶなかご
小板目肌 非常に錬れてよく詰み 地沸微塵に一面に付き 淡い映り立つ
匂出来 互の目丁字乱刃 時に焼きを高くし 足、葉品良くゆったりと入り 飛焼交じって 刃縁非常によく冴える
帽子 稍弛み心あって小丸 返り尋常
なかご 栗尻 ヤスリ目 大筋違
金着銅一重はばき 白鞘入
青貝散塗鞘大小拵付 In SHIRASAYA with KOSHIRAE
185万円 (1,850,000 Japanese Yen) (委託品/Consigned)


(大)元幅/先幅(Width)32.6/23.0mm 元重ね/先重ね(Thickness)6.8/5.6mm 

なかご長(NAKAGO Length)205mm
賀州家平(刀)詳細画像

(小)元幅/先幅(Width)30.6/21.1mm 元重ね/先重ね(Thickness)7.5/4.8mm 

なかご長(NAKAGO Length)205mm
賀州家平(脇指)詳細画像

 加賀の著名工、家平の大小に揃いの拵を誂えました。縁頭金具、鍔も揃いです。お楽しみになれると思います。

 この大小の作者は、賀州家平(二代)です。江戸時代も中期に差し掛かる元禄頃を中心に活躍した刀工です。陀羅尼勝家や勝国の系統ですから、古刀時代、北陸で知られた千代鶴系統の刀工ということになります。元禄時代といえば、武士も遂に平和に狎れ、江戸などでは重たい刀を嫌い、細身の軽い刀を好んで差したと言われる時代ですが、他方、赤穂浪士の討ち入りに見られるような尚武の精神が最後に輝いた時代でもありました。この家平の刀は、刃長が2尺5寸に近く、反りは9分、重量のある豪快な一振りです。地方にはまだまだ、武を尊ぶ風が残っていたことが分かります。

 刀は、上述のように豪快な一振りです。肌はみっしりと良く詰み、地沸が微塵について美しく、大坂新刀の上作に見られるような肌です。刃は、はばき元からは直ぐ調子に焼き始め、5寸前後の辺りは濤乱刃となっています。そしてそこからは、気持ち尖り加減の箇所を交えながらゆったりと大きく湾れた刃が切先まで続きます。私がこの肌と刃を見てまず連想したのが大坂新刀の雄、井上眞改であり、津田助廣でした。加賀刀工の腕の冴えを見ることが出来る刀です。

 脇指は、同じ刀工が作ったとは思えない程の異なる作域です。とはいえ、地金は全く同じであり、みっしりと詰み、地沸が良く付いた美しい肌です。刃といえば、大刀とは逆に、備前刀を思わせる丁字乱れです。しかし、焼きの谷から入る足は稍幅広く、ゆったりとした悠揚迫らぬ感があり、焼きのきついだけの備前写しというわけではありません。やはり、新刀の上手が焼いた、新しい感覚の備前風の一振りと言えるでしょうか。興味深いのは鋩子で、大刀も脇指も、気持ち弛み心となる所は共通しており、おそらく家平の手癖なのでしょう。

 拵は、この二振りを幸運にも入手出来た後、職人に命じて作らせたものです。鍔は鉄地に銅で蔦の葉と蔓を、金象嵌で源氏車が描かれています。縁頭は赤銅地に石目を打ち、瓢箪が生っています。目貫は、苫舟に鷺が乗っている一路平安図の物を合わせました。この憂世ですが、この苫舟のように、また絶対に沈まない瓢箪のように、ゆったりと流れて行きたいものですね。

 美しい大小と誂えた拵を、是非お手元にどうぞ。



トップページへ