刀剣展示室(刀、太刀)

肥後國赤松太郎兼裕作 写清磨 壬午年三月吉日
HIGO no Kuni AKAMATSU TARO KANEHIRO Saku KIYOMARO Utsusu, Jingo no Toshi 3 Gatsu Kichijitsu (March, 2002), KUMAMOTO Prefecture
熊本県(肥後国) 現代
刃長246分半(Length 74.7cm) 反り7(Curvature 2.1cm) 目釘穴(Hole in NAKAGO) 1
本造 庵棟 うぶなかご
小板目肌よく詰み 流れて柾がかり 地沸良く一面に付き 細かな地景入って 淡く映り立つ
匂出来 重花風の丁子乱れ刃 尖り心交じって 飛び焼き入り 足・葉盛んに入り 金筋・砂流しかかって 刃中華やかに見える
帽子 3寸程に延び 乱れ込んで金筋入り やや尖り込んで深く返る
なかご尻 刃上がり栗尻 ヤスリ目 大筋違い
銀一重はばき 上作の白鞘入り
黒呂塗り鞘打ち刀拵付 In Well-finished SHIRASAYA with KOSHIRAE
69万円 (690,000 Japanese Yen)

元幅/先幅(Width)37.6/32.5mm 元重ね/先重ね(Thickness)8.0/6.5mm
なかご長(NAKAGO Length)233mm
切先長(KISSAKI Length)98mm
刀身重量(Blade Weight)1,055g 柄・鍔を付けて(With TSUKA & TSUBA)1,350g
赤松太郎詳細画像


濃州関住兼光作
No shu Seki ju KANEMITSU Saku, GIFU Prefecture (MINO Province), SHOWA Period
現代刀(昭和時代) 岐阜県(美濃国)
刃長2尺2寸9分弱(Length69.3cm) 反り5分弱(Curvature1.4cm) 目釘穴(Holes in NAKAGO)1
本造 庵棟 うぶなかご 腰反り姿
小板目肌 よく詰み流れて 柾目肌となり 淡い映り立つ

匂い出来 大湾れ調子の互の目乱れ刃 尖り刃交じって 飛び焼き交じり 小足入って 匂い深い
帽子 表は一度乱れ込んで 中丸 浅く返る
表に真の倶利伽羅彫あり

なかご 刃上がり栗尻 ヤスリ 化粧ヤスリ
一重はばき 黒蝋塗鞘打刀拵入 In KOSHIRAE
28万円(280,000 Japanese Yen)



元幅/先幅(Width)31.2/23.0mm 元重ね/先重ね(Thickness)7.6/6.5mm
なかご長(NAKAGO Length)195mm
刀身重量(Blade Length) 860g  柄・鍔を付けて(With TSUKA & TSUBA)1,120g
兼光詳細画像



2.無銘(新々刀海部)

Mumei (Shinshinto KAIFU) , Late EDO Period, AWA Province, HOZON TOKEN
阿波国 江戸時代後期 保存刀剣
刃長2尺2寸7分弱(Length68.7cm) 反り5分強(Curvature1.6cm) 目釘穴(Hole in NAKAGO)1
本造 庵棟 うぶなかご

小板目肌 よく詰み 流れて柾がかり わずかに杢目肌交じり 淡く乱れ映り立つ
沸出来 湾れ刃 足、葉良く入る 焼き出しあり
帽子 乱れ込んで中丸 尋常に返る
なかご 栗尻 ヤスリ目 大筋違に化粧ヤスリ
一重銅はばき
朱塗鞘打刀拵入 In KOSHIRAE
25万円 (250,000 Japanese Yen)


元幅/先幅(Width)35.8/23.3mm 元重ね/先重ね(Thickness)7.5/5.1mm
なかご長(NAKAGO Length)220mm
刀身重量(Blade Weight)800g 柄、鍔を付けて(With TSUKA & TSUBA)1,130g
新々刀海部詳細画像


3.兼光 昭和十五年十二月日
KANEMITSU, SHOWA 15 Nen 12 Gatsuhi (1940 December), GIFU Prefecture (MINO Province)

岐阜県(美濃国関)昭和時代
刃長
22寸2分弱(Length 67.2cm) 反り6分

次ページ